西村家流 お茶の淹れ方 | 静岡県・牧之原台地の茶園 茶人 西村園


静岡県・牧之原台地より、旨みと栄養がたっぷりと溶け出したまろやかな深蒸し茶をお届けします。

  

お茶の淹れ方.jpg



  おいしい淹れ方は、お湯の温度と待ち時間がポイント。
  劣化をおさえる保存方法も、ご紹介させていただきます。


space.png
space.png1人分で約5グラム。大さじで約1杯です。

space.png
space.png1人分70〜80ミリリットルを目安に用意します。

space.png
space.png70〜80度に冷ましてから淹れます。時間がないときでも、最低1回
space.pngポットから湯のみにお湯を移してから(こうすることでお湯が冷めま
space.pngす)、急須に注ぐようにしましょう。

space.png
space.png約30秒

space.png
space.png(1)お湯は十分に沸騰させます。
space.png(2)1度湯のみに注ぐなどして温度を下げます。
space.png高級茶ほど湯冷ましを。
space.png(3)茶葉を急須に入れます。量を調節して好みの濃さに。
space.png(4)冷ました湯を入れ、30秒ほど待ちます。
space.png(5)まわし注いで濃さを均等に。最後の一滴までしぼり切ります。
space.png(6)二煎目以降は、湯の温度を高くし、浸出時間を短くします。


  • 我が家のお茶は、包装時にお茶の劣化原因である酸素を完全に吸いだしたのち、窒素充填をおこなっています。しかし保管方法を誤ると短時間で吸湿、褐変、酸化等を起こし、品質を著しく損なうことになります。
  • 開封前のお茶であれば、冷蔵庫での保存が最適です。ただし庫外に出して、いきなり開封すると、お茶に結露が付着し、吸湿してしまうため、常温に戻してからお使いください。
  • 開封後は、密封性と遮光性のある容器(茶筒など)に移し、冷暗所にて保存してください。冷蔵庫での保存は、庫内のにおいを茶葉が吸着したり、出し入れの際に湿気を帯びるおそれがあるため、避けたほうがよいでしょう。